で猫との生活更新中🐈

エクセルで住所から郵便番号を自動で一括入力する方法

用意するもの

  • エクセル本体
  • 郵便番号データ

使用する関数

詳しく知りたい場合はクリックするとMicrosoft公式ドキュメントに移動します。

郵便番号データをダウンロードする

日本郵便の公式サイト「郵便番号データダウンロード」からダウンロードできます。

ダウンロードするのは『住所の郵便番号(CSV形式)の「読み仮名データの促音・拗音を小書きで表記するもの」』です。

都道府県とそれ以降を結合する

最終的に郵便番号を出力する表には 都道府県|市町村|それ以下 が一緒になっているので郵便番号データもそれに合わせる必要があります↓

ダウンロードしたCSVファイルをエクセルで開いたら、一番最初の列に新しく列を挿入します。 (何もしていない状態だと 都道府県|市町村|それ以下 という様に別のセルになっています。) 挿入した列のA1セルに【=H1&I1&J1】を入力することで都道府県とそれ以降の住所を結合できます。

VLOOKUP関数を使って郵便番号を表示する

郵便番号を表示するシートを作成し、下記の様な表を作成します。

A B
1 郵便番号 住所
2 XXX 東京都港区芝公園

郵便番号を出力したい部分(A2:XXX)にVLOOKUP関数を使います。

項目 設定内容
検索値 郵便番号を表示させたい住所(B2)
範囲 郵便番号データの全セル(A1~P〇〇)
列番号 参照するセルの住所がある列の順番(4)
検索方法 FALSE

あとはセルのフィルハンドルをダブルクリックすれば完成です。


完成形

Googleドライブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。